第19回サバニ帆漕レース2018/06/27 04:03

6月24日(日)
座間味島から那覇への35㎞。帆掛けサバニレースが行われました。

山下と秀倉が所属しているチーム 黒潮。

サバニとは琉球列島で古くから使われている漁船のことで、釘を使っていない木造船です。
推進方法はエークと呼ばれるパドルと帆で風を操り進んできます。

APNEAからはマイボスの代漕で私、秀倉が第19回と歴史のある大会に参加させて頂きました。
今大会は35杯のサバニ艇が南西の風に乗って慶良間海峡を駆け抜け、
天気・風・波に恵まれてとっても楽しめました♪



八重山からは3チームがエントリー。
 
黒潮は古式サバニで3位。前回優勝だけに悔しさもありましたね。。
石垣からもう1チーム。古式サバニ出場 うなじゅらチーム

西表からはレディースチーム 羽(パニ)
羽チームは、自作の艇でニーサギクラス4位と!!
3チーム無事に完漕することができました!
レース後のお酒が美味しくみんないい笑顔です♪

黒潮セイルが小さい。。(笑)
早朝まで風強く。島から出たらブロウがキツイと予想し
スタート前にツーポンにセットしたのだが。。
出て見ると、、あれ?、、(汗)
自然とは気まぐれですね(笑)
これだからやめられません♪
男岩が迫力満点!

前島リーフがとっても綺麗でした!

座間味から那覇へ。島の環境や風の変化、潮流の動きを肌で感じれて
良い経験ができました。
自己エネルギーと自然エネルギーおもしろすぎますね(^^

そして、伴奏船ロシナンテのクルーの皆さん心強いサポートありがとうございました!
そして、石垣島の海の先輩方、ご指導ありがとうございました!
またチャレンジしたいですね♪
その前にカヤックでも、、、ね(笑)

さ〜!夏本番!!石垣島の暑い太陽とキラキラの海が待ってます!
パドリングの魅力と自然の素晴らしさを少しでもお伝え出来たらと
スタッフ一同お待ちしております!

秀倉


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://mayagusukutour.asablo.jp/blog/2018/06/27/8904144/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。